>

料金を払って業者に依頼するか自分で安く済ませるか

自分で道具を揃えてDIYする

自分でアンテナを設置する場合にまず確認することは、自分がどれくらい出来るかを把握することです。
少々機械系に強くても、インパクトなどの固定用工具を普段から使いこなしておらず、電波受信に関する意味を理解していなければ話になりません。
また、アンテナは基本的に屋根の上などの高い場所に設置するため落下の危険も伴うことも忘れてはならないと思います。
YouTubeなどで調べれば、アンテナ工事のDIYについての動画を観ることが出来ると思うので、それを観てもあまり理解が出来ないようなら素直に業者に依頼することをお勧めします。
タダより高いものはないと言いますし、費用面を削っても怪我をして仕事が出来ずに収入減ということがないように、自分の力量はしっかり見極めましょう。

業者に依頼する

業者に依頼する場合、一番安く済ませられるのはアンテナ工事専門会社です。
専門会社なので知識や経験も豊富ですし、様々な方法を提案してもらえるのでその中から最適な工事方法を選ぶことが出来ます。
他にはハウスメーカーに依頼するという手段もあります。少々値段は高くつきますが、その分特殊な工事も引き受けてもらえますし、新築とアンテナ工事を別々に依頼するより手間は少なくなります。
後は家電量販店に依頼するのも良いでしょう。たまったポイントが使用できる場合もありますし、現金一括払いやカード分割払いボーナス払いなど様々な支払方法に対応していることが多いのは大きなメリットと言えます。反面、夏場はエアコン工事などで人手不足になりがちなことと工事担当者の知識経験にむらがあること、受付担当者の知識不足の為工事担当者に正確に情報が伝わらないというデメリットもあります。


この記事をシェアする