アンテナ工事が必要になるのはこんなとき

アンテナ工事の疑問を徹底分析

アンテナ工事はどこに依頼するのがお得か

アパートやマンションであれば、共通のアンテナがすでに設置されているはずなのでテレビを購入してコードをつなげばすぐに観ることが出来ますが、新築マンションや一戸建ての場合はアンテナ工事が必要になります。 ここでは主に地デジやアナログなどの放送電波について説明していきたいと思います。

アンテナにはどのようなものがあるのか

一般的によく知られているアンテナは、魚の骨のような形をしている地デジ用のアンテナや丸くてお皿のような形をしている衛星放送用のアンテナだと思います。 しかしその他にもボックス型のアンテナや車用のアンテナなど、様々な種類のアンテナがあります。どのようなアンテナが自分に適しているのか、少し考えてみましょう。

料金を払って業者に依頼するか自分で安く済ませるか

アンテナ工事を行う時にまず頭に浮かぶのは費用のことだと思います。 業者に依頼したほうが安心ですが、資金にあまり余裕がない時は自分で設置した方が安く済ませられます。 どういう業者に依頼するかも、安心安全重視か費用面重視で大分変わってくるので、少し説明していきたいと思います。

テレビを視聴するために

アンテナ工事は、アンテナ工事専門会社やハウスメーカー、リフォーム会社や家電量販店など様々な所で行っています。
それぞれにメリットデメリットがありますので、ご自宅の状況などを考慮して慎重に選んでいきましょう。
実際、アンテナ工事は知識と道具さえあれば自分で取り付けることも可能です。費用節約のために自分で取り付けたいけど自信がないという方は、機械系に詳しいご友人に依頼するのも良いですね。この場合のメリットは、何といっても費用面の安さが挙げられますが、デメリットとしては相手に借りができるということと、おもてなしなどで気を使うことなどが挙げられます。本当に気心の知れた友人であればそこまで気を使わないかもしれませんが、友人の友人などという遠いつながりであれば依頼しないほうがお互いの為だと思います。友人に依頼するのであれば、丸投げするのではなくお手伝いしてもらう程度のほうがベストな選択かもしれません。。
新築時にそのままハウスメーカーにアンテナ工事を依頼するというのも一つの手段です。その場合支払いも住宅ローンに組み込める場合もあり別料金として支払わなくても良いので比較的お手軽な手段になります。ハウスメーカーであれば基本的に注文住宅になるので、アンテナ設置場所に下地を入れてもらえたりという少々特殊なことも対応してもらえるというメリットもあります。
デメリットとしては、少々工事料金が高くなることもあったり電気工事の専門知識が少ないスタッフが工事を行う可能性もあるので、そこはしっかり確認しておきましょう。